マンションを貸すことのメリット

所有したマンションを使用しなくなり貸すことに

所有したマンションを使用しなくなり貸すことに交通の便が良いのですぐに借り手が見つかる長く借りて頂き貴重な財源に両親のマンションを貸すことで家賃収入を得ています

マンションを貸して儲けようということからの体験ではなく、たまたま所有したマンションを使わなくなったので、どうしようかと迷ったときに、不動産屋さんと相談して、貸すことになった体験談です。
でも、このことを通じて、どういうことに気を付けなければいけないかとか、何が長いこと継続して使ってもらうことに繋がるかということは、お役に立てると思います。
子どもが就職したときに、私たちの家から通うこともできたのですが、仕事がサービス業で泊りもあり、朝早く出かけたり、夜遅く帰ることもあるということなので、都心に近く勤務地への交通も便利なところに、ワンルームのマンションを買ってあげようと考えたのです。
そこへたまたま新築物件の広告が飛び込んできたので、家内と一緒に指定日に出かけることにしました。
価格がそれほど高くないという魅力もあって、30戸くらいの物件でしたが、応募者が大勢で抽選となったのですが、運よく当選し、すぐ予約をしました。
子どもも気に入り、しばらくはそこから通勤していたのですが、そこの住人の一人との間で気まずいことになる事情ができて私たちの家へ戻ることになったのです。
こうした経緯なので、すぐに売却も考えたのですが、不動産屋さんに相談すると、それであれば賃貸するというのもいかがでしょうかと提案され、月々の副収入にもなるということから、貸し出しを考えたのです。